三角野郎のつぶやき

508

ディスカスを飼育するうえで、最も手のかかるのが水換え。

忙しい日常からディスカスマニアがほっと一息入れる憩いの場所は勿論水槽前です。

そんな時に見ている時間より管理している時間が長ければ疲れてしまいますよね?

そんな忙しいあなたにピッタリのシステムを取り入れた水槽の紹介です。

今回このシステム水槽を作られたのは、多忙な毎日を過ごすM様、うちのワイルドディスカスの入荷日には必ずトップクオリティをお買い上げされるハイエンドマニアです。

このM様のほっと一息の時間を有効に、ということで、新築されるタイミングにうちと同じシステムを組み込みました。

1週間後にディスカスを入れるのが今から楽しみです。



先ずは、水槽台、汲み置き水槽台を設置。

その上に汲み置き水槽を隠すカバーを設置。

配管作業に取り掛かる。
新築なので給水栓、配水管は設計段階で場所指定、設置済み。

室外に水槽用クーラーを設置、配管は地下を通して室内のフィルターへ繋がる。
室内温度、室温の問題はこれで解消。

フィルターに濾材をセット、勿論ディスカスに最適なスーパーゼオセラ。
左側の赤いコックは、ひねれば上の汲み置き水槽の水が落ちてくる。
右側の赤いコックは、音消し配管(オーバーフローの排水音が静かになる優れたシステム)

コックだらけのマニアックなポンプ室。
メインポンプとクーラー用ポンプの2台設置。
メインポンプは水槽へ上下2か所に分けて水を送る。
途中にある赤いコックは流量調整や濾材洗いの時の強制排水コックなど。
右奥には100øの排水口があり、強制排水コックやフィルターのオーバーフローした水の配管、汲み置き水槽のオーバーフローした水の配管、水槽コーナーボックス内にあるドレンコックの配管などが繋がっている安心設計。

汲み置き水槽には浄水器を通し、フロートを使用して給水する。
万が一フロートが壊れても、オーバーフローした水はフロー配管によって排水口に逃げる仕組み。

システム完成。
大型テレビを仕込んだ高級家具の様。
水槽サイズ:W1350×D580×H680 530リッター
汲み置き水槽サイズ:W1250×D500×H350 220リッター
先月はオリキシミーナとマモリという超豪華なロイヤルブルーが入荷しましたが、後に入荷したマモリの迫力に押されて、残念ながらオリキシミーナは目立たず、ところが、ここに来てグングン発色してくれば、もう同等?いやこちらの方が目立つのでは?と思える程仕上がってきています。

オリキシミーナは前にも紹介した通り、大河トロンべタスの河口付近に点在する大小様々なラーゴに生息するディスカスを集荷してくる町の名です。

過去にも何回もこのインボイス名で入荷してきていますが、余程多くの採集場所があるのか?その表現はまちまち、共通点と言えば、強烈な赤を持ち、メリハリのあるストレートラインを持つ南岸イナヌの様な個体が多い事。

ベースカラーがピンクやパープルが多い為、入荷時は色飛びして地味に見えてしまうのですが、なんのなんの?南岸同様じわじわと発色しだせば、目も覚める様なレッドベースに様変わりし、強いブルーラインを際立たせてくれます。

最も後化けが期待できるディスカスかも知れませんね?



商品ページはこちら


商品ページはこちら


商品ページはこちら


商品ページはこちら
先月入荷のラーゴマモリ、5年ぶりのまとまった入荷となりました。

ワイルドディスカスシーズン終盤を飾る見事な便でした。

今回のマモリですが、大きく分ければ2つのロットと思えそう。

太いストレートラインを持ち、リアルブルーそのものの体型を持つタイプ、そしてこれぞ円盤と思わせる見事な体型に細めのパール状のラインを持つタイプ、どちらもこれ以上は?と思わせてくれるクオリティでした。

これだけのクオリティが揃うと選ばれるお客様も大変、好みの子を探すのは勿論、最後は粗探しをする始末、お疲れ様でした。

そんなワイルドロイヤルブルーの魅力満載の便でしたが、その中でも一際目立つ発色をする個体を発見。

これはもうブリリアントターコイズと言っても良いのでは?

ラインこそイレギュラーに走ってはいますが、これ程までにベースカラーをも隠してしまう発色を持つ個体は稀です。

それこそこれはタンクブリードですか?と聞かれてしまいそう。

カメタのブルーダイアモンド同様、幻の?になってしまうのかな?


美しいイエローベースにブリリアントカラーを纏う。ブルー、レッド共に激しく発色していくことだろう。
商品ページはコチラ

ストレートラインが美しいリアルロイヤルブルータイプ。

商品ページはコチラ

商品ページはコチラ

商品ページはコチラ

商品ページはコチラ

美しいラウンドボディ、レッドベースにネオンブルーが輝く。

商品ページはコチラ

商品ページはコチラ
過酷な運搬に耐え、クタクタになって入荷してきたワイルドディスカスも、1週間、1ヶ月とうちの環境に馴染んでくれば、
現地そのものの発色を取り戻し、栄養たっぷりのハンバーグを爆食いして見事にプックラと太ってくる。
そのくらいの抜群のコンディションになってくると、タンクのあちこちでペアリングするカップルが目立ってくる。
その中でもより強く、相性のバッチリ合うペアの陣取りは最強だ。

このパラコニのタンクは幅90センチ、奥行き60センチ、高さ45センチ、入荷時に16~17センチの個体を15~16匹入れた。
このぐらいの数、そして大きさのディスカスにはバッチリと見応えある様になるスペースのはずだったのだが???
ところが、相性バッチリのペアが出来てしまえばご覧の通り、水槽底面の黒い線が正に境界線となり他のディスカスを寄せ付けません。
それだけなら未だしも、オスメス交互に威嚇し、隅に固まった子達を容赦なくつつき倒します。
と、通常はずっとこの状態、発色なんてすることが出来ません。本当、凄いストレスですよね?
ところが、さすがパラコニ、根性が座っています。餌が貰えると分かればご覧の通り、頼もしい奴らです。

パラコニのペア 発情しより強く発色する。


水槽の半分以上がテリトリー、真ん中の黒い線が境界線。
越えればとんでもない目にあわされる。


17センチを楽に超えるオス。まさにオラオラ状態。


流石、パラコニ、餌だと分かれば暴力に屈しない。
先週のオリキシミーナの入荷、素晴らしいロイヤルのロットでした。
ブルーとアレンカーの境目らしいメリハリのあるストレートラインの個体が多く、
全盛期の南岸イナヌを思わせる激しい発色をするであろう個体群でした。

その興奮冷めやらぬうちに、またまた凄いのが入荷してきます。
過去2度程輸入しただけの超レアな産地、ラーゴマモリです。
今回、このラーゴマモリから続くチャンネルで採集されたロイヤルブルーのロットの特徴は、
目も覚める様なブルーの発色をする個体が多い事。
それらの持つ太く力強いラインはリアルロイヤルブルーの教科書通り?いやそれ以上か?
昨シーズン、リアルロイヤルブルーの最高峰と騒がれたアノリを超えるかも?と思える程素晴らしいクオリティ
もう言葉はいりません。まずは写真をご覧ください。

BLUE TYPE


RED TYPE


明日、23日(木)夜8時頃入荷予定、お楽しみに。

今シーズンはグリーンで飛ばします、の宣言通りナナイに始まりアナナ、ジュルア、テフェ4便と合計7便もの入荷がありました。

その間クリペアやイタピランガ、ムツカ、マラカナ、ベルリなどのラインロイヤル、ソリッドレッドも入荷してはいましたが、シーズン最盛期の12月、1月はそれらグリーンの圧倒的な数に押され、ブルー、アレンカーのファンにはガッカリさせていたかもしれません。とは言っても300匹以上はいたんですけどね?とここまでグリーンの入荷で賑わった前半戦でした。

1月半ばになり、ようやくパラコニが入荷して売場にパッと赤い花が咲き、昨日のオリキシミーナの入荷でやっとブルーファンに顔向け出来るようになりました。

まるで南岸を思わせる様な強い赤と青の発色、ストレートに伸びる美しいライン、ロイヤルブルーファン待望の素晴らしい便でした。

このオリキシミーナで入荷するロイヤルやソリッドはその採集するラーゴ、エリアによって表現が異なります。

ただ持っている色素(特に赤)は強烈、このエリア辺りがブルーとアレンカーの境界線になるのでしょうね?

ヤムンダが下火となった今、新たな夢を見させてくれるエリアであることは間違いありません。

オリキシミーナスーパーロイヤル
アレンカー南岸を思わせる様な強い赤と青を発色する。このメリハリがスーパーロイヤルの証。
商品ページはこちら 商品ページはこちら 商品ページはこちら
商品ページはこちら 商品ページはこちら 商品ページはこちら
入荷後約1ヶ月が経ったパラコニ、ウラリアチャンネル独特の美しいイエローベースにじんわりと赤が発色し始めてます。

これから日毎に赤の面積が増えてくるのですが、まるで柿のような橙色の今も十分魅力的、このままでもええやん?と思ってしまいます。

このパラコニの魅力はこの美しい発色、美しいラウンドフォーム、そして実物を見て驚かれるお客様が多いその大きさ、この大きさに育つには、それなりの食欲、そして怖がることを知らないかの様な大胆さが必要です。

実際水替えの時などうるさく手にまとわりつき邪魔になるほどです。

この大胆さが飼育の容易さに繋がるのでしょうね。


パラコニブラッドレッド
商品ページはこちら 商品ページはこちら 商品ページはこちら
今の橙色も魅力的


パラコニレッドロイヤル
商品ページはこちら 商品ページはこちら
18センチを優に超える迫力の個体
随分と昔の話になりますが、香港時代のWWFFと言えばスポットディスカスの最高峰でした。

ここがあったからこそ、今のタンクブリードディスカスのレオパードと称される一連のスポットディスカスの繁栄があったのだと言い切れます。

その香港時代のWWFFでのある日、ファームでため息をつきつつペアやアダルトサイズを見回していると、(何せ当時はペアで200万なんてざらでしたから)これは?と思うディスカスの半数以上がゴールデンアイ、一緒に見ていたローさんにその事を話したら、んー?何?目の色が気になるの?ゴールデンアイでブリードしてもレッドアイが出るんだし、ましてこれだけのパターンを持った個体なんだからそんなの気にしたらダメだよ、なんて軽くあしらわれてしまいました。

確かにそうですよね?当時、彼等は世界のトップブリーダーだったのですから優秀な遺伝子を持つ個体の目の色など気にしているわけがありません。

今思えば凄い個体ほどゴールデンアイだった様な気がします。

この様なタンクブリードに限らずワイルドディスカスでも同じ事が言えるかも?

それが当てはまるのが今シーズンのテフェ、3便で1000匹を超える入荷がありました。

この4~5年は何だったの?と思える数は勿論、往年のトップクオリティだらけ。

でもこういう凄いのばかりが捕れるロットにはゴールデンアイが多いんです。

思わずローさんとの会話を思い出してしまいました。

さてそのゴールデンアイのテフェですが、価格均一セールにずらっと並べています。

こちらをクリックしてくださいねー




アマゾン本流北岸に流れ込む大河トロンべタス、その流程はあのヤムンダをも凌ぐ。

その大河の河口付近には大小様々な湖(ラーゴ)やチャンネルが入り乱れディスカスが生息するのに適した環境となっている。

それらで捕獲されたディスカスは一纏めにオリキシミーナというインボイスで輸入されてくる。

このオリキシミーナとは河口付近の地名であり、トロンべタスとして入荷してくるディスカスとは採集地が異なる可能性が高い。

ここのディスカスの特徴はベースカラーに赤を持っている事、その上にメリハリのあるラインを持つロイヤルと真っ赤に染まるソリッドレッドが混生する。

ディスカスの産地として比較的新しく、そのパターン構成は往年のヤムンダを彷彿する。

最近ではヘッケルのほうが有名になったのでは?と思えるヤムンダの終盤期を見ていると、それに代わる最も有望な産地だと思えてくるほど、そのポテンシャルは素晴らしい。

さて、そのオリキシミーナ、10日夜8時頃大量入荷を予定しています。

スーパーロイヤル、スーパーソリッドレッド、合わせて120匹、そして今シーズン最後のテフェスーパーロイヤルも同時入荷、またまたド派手な売り場になりそうです。

お楽しみにー。

「マナウスのタンクで出荷を待つオリキシミーナスーパーロイヤル、このピンク?パープル?のベースカラーを見れば如何に赤く染まっていくか?が容易に想像できよう。」
グリーンディスカスの王道と言えばテフェ、パターン、カラー、サイズ、どれをとっても他の産地を圧倒する迫力を持っている。

グリーンディスカスは大きくなり難いと耳にする事があるが、なんのなんの?テフェの成魚、それも17センチ以上の個体群を見れば、その考えなど吹き飛んでしまう。

うちで輸入するのは14~15センチが平均サイズ、ところが今シーズンの様にテフェが好調だと16~17センチに平均サイズが上がってくる。

入荷後1ヶ月もすればコンディションもバッチリ、プックラ太ってくるとより存在感が増してくる。

このサイズの混泳水槽はディスカスホビィストの夢ですよね?



さてこの17センチサイズ、自然界ではこのぐらいの大きさに育つには3年はかかるのでしょうが、その間無傷で過ごすには至難の業、ピラニアなどによる噛み傷によるひれの損傷は避けられないのも事実。

それも名誉の負傷、ワイルドディスカスの証なんだろうけれど、出来れば無傷でいて欲しいもの、ましてロイヤル個体となれば尚更ですよね?

ロイヤルパターンは自然界では目立ってしまうもの、傷無しは超希少なんですよね。

商品ページはコチラ

商品ページはコチラ

商品ページはコチラ

商品ページはコチラ

商品ページはコチラ
入荷から1ヶ月も経つと見違える様な発色を見せるワイルドディスカス、中でも最も早く変貌を遂げるのは赤い色素を持つレッドディスカス。

アマゾン本流とネグロ河が交わる下流からサンタレン辺りまでの北岸、南岸に流れ込む河川、または湖(ラーゴ)に生息する。

ヤムンダ、パラコニ、マウエス、トロンベッタ(オリキシミーナ)、が有名か?

これらの産地にはラインロイヤルに混じり、目を見張る様なソリッドレッドが生息する。

そこからサンタレンに近くなれば、クリペア、パラコニ、イナヌ、など多くの有名なラーゴが点在し、先の産地とは別にアレンカーエリアとして一括りになっている。

うちはマナウスからもベレンからも輸入するので、その両方から多くの産地のレッドディスカスが入荷してくるが、赤の表現は様々、知れば知るほどレッドディスカスのバリエーションの奥の深さに魅了されてしまう。


入荷後2ヶ月近く経ったクリペア、栄養たっぷりのハンバーグを食べてコンディション抜群(太り気味か?)状態良く管理出来れば、自ずと発色しだす。
続いて入荷してきたパラコニも、今後の変貌ぶりが楽しみだ。




2016/12/9 入荷時の様子

2017/1/13 撮影

2017/1/28 撮影
商品ページはこちら



2016/12/9 入荷時の様子

2016/12/21 撮影

2017/1/28 撮影
商品ページはこちら



2016/12/9 入荷時の様子

2016/12/30 撮影

2017/1/28 撮影
商品ページはこちら
うちでは入荷後、着状態の良し悪しに関わらずピートでPHを下げ薬浴を行います。
PHを下げることで菌やカビの発生を抑え、規定の薬浴で体内外の虫体を駆除するのです。
そして3日目あたりから少量の換水をして状態によっては追加投薬をしますが、
大抵の場合は1週間程で薬浴は終わります。
その間餌は与えますが、消灯したままで室内灯の明かりのみで安静にしておくのです。
薬も一度に抜くのではなく、環境の急変にならない様徐々に換水します。

この1週間で餌の赤虫にも慣れ、手を上げるとうるさい程に寄ってくるよう来るようになればこちらのもの、
ハンバーグと赤虫をミックスした餌に切り替えます。
最初は赤虫をだけをよって食べていても、2~3回も与えれば自然とハンバーグを餌と認識する様になり、
むしろハンバーグを好んで食べだす様になるのです。

この頃になれば、あの美しい元の体色が戻ってきます。
ここからが仕上げの楽しみを味わう始まりです。








ラーゴパラコニブラッドレッド





ラーゴパラコニレッドロイヤル
入荷後4日目にして徐々に発色をし始めた。どこまで赤く染まっていくのか楽しみ。





ラーゴパラコニブラッドレッド タイプパープル
このベースカラーを持つ個体の赤は別物。





テフェロイヤルグリーン
ロイヤルグリーンの王道、スポットラインが美しい。




テフェロイヤルグリーン
細かいスポットが全身を覆う、このタイプは雌が多い。




ロイヤルグリーン群泳、やはりテフェには花がある。
昨日入荷のパラコニです。


入荷日に立ち会われたお客様は、えーっ?と思われるほど赤が滲み出してきています。

薬浴中の今が最も色落ちするのですが、持ってる色素が強い子達にはそれが当てはまりません。

これから日毎にじわじわとより赤く発色して、にやけさせてくれる事間違いなし、ここ数年では1番クオリティの高いパラコニのロットでした。

さて、この素晴らしいアマゾンのレッドディスカスですが、入荷時には実に地味に見えてしまいます。

元々美しいイエロー、パープル、ピンクなどのベースカラーを持っているのですが、強い赤の色素を持っている個体ほど、手乗り写真では黒く暗く写ってしまうのです。

水合わせを終え、水槽に入れた直後など、初めてご覧になった方からすれば、んんんー???って感じで、とても一夜明けてからの発色など想像もつかないのだろうと思います。

ところがその後、じんわりと変貌していく過程をじっくり楽しめるのがソリッドレッドの楽しみ方、ベースカラーの違いによる赤の表現も色々、どっぷりとブラッドレッドの世界にはまってみませんか?


ベースカラーによって変わる赤のバリエーション


レッドベースにフルライン、派手になりますねー。
今シーズンはグリーンで飛ばします。の宣言通り先週のテフェ軍団で6便目、数にして900匹あまりのグリーンが入荷しました。

マナウスのパートナーたちのお陰で、グリーン=ペットバルーンの面目が保ててほっとしています。

そのグリーンの入荷の勢いの中、数こそ少なかったものの、マニアを唸らせてくれたムツカロイヤルブルー、続いてアレンカー北岸の代名詞クリペアも、グリーンメタリックに染まる売り場に赤いひと花を咲かせてくれました。

そしてここに来て、そのアレンカーと肩を並べる究極のアマゾンレッドディスカスのパラコニが入荷します。

今回のクオリティは写真を見て頂ければお分かりの様に、赤いペンキで塗りつぶされた様なもの、チリパウダーを振りかけた様なもの、様々なタイプの究極のレッドディスカス軍団です。

この産地の赤を目にしたら虜になってしまった。と言うファンが年々増えているのも頷けます。

19日(木) 夜8時頃、100匹のパラコニ軍団入荷予定です。

お楽しみにー。

13日入荷のテフェ、ベルリ、順調に立ち上がっています。
今シーズン最高だと思えるテフェの大量入荷に思わずニンマリ、
薬浴中にも拘らずピカピカに輝いています。

ただ、惜しいのは金目の個体が多かった事、
過去を振り返っても最高のクオリティだと思われる個体群には、
なぜか金目が多いと思います。とは言ってもここまで凄い個体群だと文句は言えませんけれどね?
どんな感じかって?先ずはセールコーナーのTHE GOLDEN EYEシリーズをご覧ください。


TEFE SUPER ROYAL GREEN



そして、今日の本命、AMAZON WONDER、ベルリのロイヤルブルーとして入荷してきたのですが、
よーくご覧ください。これは正にスネークスキンですよね?
ブリードの世界では、あのレッドロイヤルブルーから生まれた突然変異だとされていて、
現在スポットの最高峰とされるレオパードスネークの元となった、タンクブリードでは無くてはならない種類です。
こんなのが出てくるのは、このベルリがラーゴ(湖)であり隔離されているからなのか?

いずれにせよこのベルリのロイヤルブルーはレッドロイヤルブルーか?
と思える程のメリハリのある強烈なカラーを持っています。
それを見れば色々と想像してしまいますよね?
ほんとAMAZON WONDERと呼ぶに相応しい珍魚です。


AMAZON WONDER






BERURI ROYAL BLUE
レッドロイヤルブルーを思わせる強い赤。
メリハリのある色の境目が最高の仕上がりを約束する。
入荷後1か月が経過したクリペア、期待以上の色上がりに思わずニンマリ、
そして北岸独特の肌理の細かさは、激しく発色する赤をも上品にも見せてくれます。
ところがその上品さとは裏腹に、まるで群がるピラニアの様にハンバーグに飛びつく様は、
飼育の容易さを物語っています。

よくワイルドディスカスの飼育は難しいのでは?と聞かれますが、この食い付きを見れば、そんな不安も吹っ飛びます。
この強さはクリペアだけに限らず、このアレンカー北岸、南岸のディスカス全般に言える事で、
高い敷居だと思われがちなワイルドディスカスの入門種としても最適なのではないでしょうか?

年始のセールも今日まで、多くのお客様にはご来店、誠に有難うございました。

またインターネットでのご注文を頂いた遠方のお客様、誠に有難うございました。

さて、2017年の初荷、気になりますよね?

今月はうまくいけば3便を予定をしていますが、先ずはやはり超人気のテフェから、何?またテフェなの?と思われるかもしれませんが、テフェといっても広大なエリア、捕れるポイントによってパターンやカラーは異なります。

今シーズン2便入荷したテフェですが、簡単に言えば、1便目は赤が目立ち、2便目は青が目立つ。

同じ産地であっても大きな移動をせず、その群れで暮らすものだけで繁殖するファミリーだからそうなっていくのでしょうね?

特に今シーズンの様にクオリティの高い個体群が捕れる年には、その傾向が強いと思います。

一時どうなる事か?と心配していたエリアだけに一安心。

またあのワイルドディスカスとは思えない派手なカラー、パターンを楽しむ事ができますね?

肝心の入荷日ですが、13日(金)夜8時頃を予定しています。お楽しみにー。

こんばんは


今週は3連休。いよいよセール最終の週末を迎えました。

初売りに始まりたくさんのお買い上げ誠にありがとうございます。

と、言いたいところですが、最終の週末に合わせ

本日もアレンカークリペアヤングスターを厳選し
11個体を新たにアップしていますよ~

写真以上に赤い個体がまだ残っているので、

今一度よ~くご覧ください。

アルトナナイ、アナナ、ジュルアも素晴らしい個体がたくさんですよ!

本日アップの一部















ジワジワきてます

詳しくはこちらをご覧ください

2016年も今日で終わり、最終営業日の本日も、多くのお客様にはご来店誠にありがとうございます。
本日6時閉店後も、2017年0時00分より恒例の除夜の鐘タイムセールを行います。
1年間の皆様のご愛顧に感謝して、先ずは除夜の鐘に因んで10800円税込みで特選魚3匹、これはもう滅茶苦茶としか言いようがありませんね?





そして、2017年に因んで、20170円税込みで特選魚40匹、これもこのクオリティがこの価格???と思える個体ばかり、こちらは2017年0時00分に公開、販売開始致します。
大晦日の夜は熱くなる事間違いなし、どんどんクリックしてくださいね。





それにしても、あっという間の1年でした。本年もご愛顧頂き、誠にありがとうございました。来年もご期待に添える様、より一層励みます。宜しくお願い致します。
それでは、良いお年をお迎えください。
グリーンディスカスの王道と言えばテフェ、それもロイヤルとくればその仕上がった時の派手さは他に比べる物は無い。

この産地のロイヤルの特徴は、飼い込む程にパターンが表れてくる事。

まず、体表を覆うパウダーグリーンはより面積を広げ、ホリゾンタルラインまで太くなる。

そのグリーンが濃く色ずくにつれ、スポットが増え、スポットラインが明らかに伸長してくるのが見える。

特にスポットラインの表現を持つ個体にその傾向が強く、魔の三角地帯?と呼ぶ最もパターンが出難い背びれに沿っての体表の後端にまで、スポットラインが見える個体も少なくはない。

うちに入荷させるのは2歳程の若い個体がほとんどであるが、成魚と呼ぶのに相応しい風格を見せるのには、それから1~2年じっくりと飼い込む期間が必要、手間暇かけて仕上がったそれは、とてもワイルドディスカスとは思えない様な発色を見せる。

今シーズンはここ6~7年の不漁が嘘だった様に素晴らしい個体が揃ってきている。

これは自然の影響なのか?若しくはブラジルのパートナーのやる気によるものなのか?本当のところは確かめようもないが、またいつ無くなってしまうのか?と考えると、やっぱりある時にあるだけ輸入してしまおうと考える、半分ホビィストの自分がある。


12月9日入荷分 2週間ちょっとでこの通り
商品ページはこちら
商品ページはこちら
商品ページはこちら
商品ページはこちら
商品ページはこちら