三角野郎のつぶやき

644

ワイルドディスカスの魅力は?と聞かれれば、

イエローベースカラーに発色する鮮やかなブルーやレッドの美しさ。

このイエローベースがあってこその仕上がりを見て

ワイルドディスカスにどっぷりとはまった方々も多いのでは?

そのイエローベースも淡いレモンイエローから

橙色の様な濃いイエローまで採集地によって様々、

またグリーンやブルーの種類によっても微妙に異なるのが面白い所、

このベースカラーを追いかける様になれば、

ベースカラーのソリッドイエローのみの個体が気になり始めるはず、

そうなれば自他ともに真のワイルドディスカスマニアと認められるかも?笑

さてその極めつけのソリッドイエローの産地と言えば

あのウラリアチャンネルに絡む産地ですよね?

有名どころで言えばカヌマ、アバキシ、マリマリなどがありますが、

それら以上にきめ細かく上品な黄色を発色するラーゴウラリアのソリッドイエローは別格。

シーズン中この産地のものしか要らないと言われた猛者もチラホラといたほどの個体群。

その中から今回ドバッとセール品に掲載致します。

是非チェックしてくださいね。











こんばんは、店長です。

少しご無沙汰しておりました。おかげさまで一応、生きております。

今日の堺市は生憎の天気。いよいよ梅雨入りしそうな感じとなり、ジメジメした嫌な季節がきます。

さて、

ディスカスコーナーはと言いますと、

ワイルドディスカスもシーズンを終え、入荷も無く暇なんでは⁈と思いますが、

なんのその、ワイルドディスカスは1トン水槽15スパンにもれなく多数。笑笑

改良ディスカスも1トン6スパンにもれなく多数。笑笑

特にワイルドディスカスは、昨シーズン入荷数、個体数共に例年よりも非常に多く、

この時期でもふんだんにストックしている状況です。

がしかし、、、

昨シーズン入荷の便で3月の最終便のラーゴイナヌの個体だけが、全個体をお披露目できておらず、

入荷後3カ月のグッと色上がり&コンディションがバリバリ状態になった頃にボチボチとアップしております。

まぁ、驚くほどの発色は入荷時の地味さからは現在の姿になるとは全く想像も出来ず、

その変貌ぶりに毎回驚かされます。

特に南岸ラーゴイナヌは入荷時からの変化が激しく、

ほぼほぼの個体が見違える発色を見せてくれます。

うっすら見えるロイヤルのラインは素晴らしいメリハリある赤と青のラインへと色上がり、

また、ソリッド個体は入荷時のただの地味な個体からは想像できない見事な炭赤へと変貌します。

3月の入荷個体もまだ2歳魚でしょうからまだまだ伸び代あり楽しませてくれそう

本日は激変3個体を動画にて掲載しておりますので是非ご覧ください!!
https://ameblo.jp/petballoon1/
あっと言う間に6月中旬、

梅雨入りしたのかどうか?の雨不足で

この1日からの鮎釣り解禁も、

九州まで行くも納得する釣果も得られず早帰り。

これで3年連続の期待外れの解禁となってしまったけれど、

何度騙されてもこの期待感は膨らむばかり、

全く馬鹿に付ける薬はないがぴったりと当てはまります。

あくまで鮎の遡上は天候に大きく左右されるのですが、

年々上昇する夏の気温で

この10年で鮎釣りのシーズンが1ヶ月伸びたかも?

釣師としては嬉しい事だけれど、

夏の暑さはもはや東南アジアをはじめとする熱帯地域以上、

おまけに去年辺りから大阪は、

近畿地方を直撃する強烈な台風の通り道になったかも?

これでは日本も亜熱帯になったと言うことか?

とにかく世界中が温暖化によって

異常気象になっているのは間違いなく、

私達の大切なワイルドディスカス採集地である

あの大アマゾンの水位にまで大きく影響している様だ。

現にこの30年でワイルドディスカスの採集時期が

微妙にずれてきている気がする。

これから先どうなる事か?

どこでも聞くような(昔は良かった。)

だけは聞きたくないですよね?

さて、そのワイルドディスカス、

ストック個体群もコンディション抜群、

本日EXに新しいセール品(ペア、超おすすめ、まとめ買い)を掲載しています。

価格を上回るスーパークオリティ、是非チェックしてください。






こんばんは、店長です。

今シーズン⁈早くもなのか?

いや昨シーズンが長いのかは分かりませんが、

いや、たまたまなのか、、、

例年ですと8月あたりに入荷するペルー便

アルトナナイグリーンが何故か100匹ほど入荷しています。

まぁ、入荷するにはありがたいことですが、、、。笑笑

とはいえ、昨年は少数しか入荷が無かったので

久しぶりと言えば久しぶり。

グリーンディスカスらしからぬラウンドボディに

きめ細やかな鱗。

テフェ産のような派手さは無いですが、

教科書のようなイエローベースのボディ。

何故かホッとするワイルドらしさを持っていますね。

状態良く入荷しています。

この時期にワイルドディスカスの入荷も驚きですが、

どの個体もこの時期らしからぬ粒揃いですよ。









動画掲載しておりますので

アメブロのほうでご覧ください。

https://ameblo.jp/petballoon1/



いよいよ明日からゴールデンウイーク、10連休は当たり前の大型連休、皆様どちらにお出かけでしょうか?うちはと言えば明日からのセールに向けての準備に大忙し、ディスカスコーナーもワイルド、タンクブリードともご来店いただければ2~3時間はタップリと楽しんでいただける品揃えで、皆様のご来店をお待ちしています。
さて、この月曜から先立ってスタートしたEXワイルドディスカスセールですが、希少なワイルドペアをはじめこのクオリティでこの価格???と驚いて頂ける個体がどのタンクにもチラホラと?ご来店なさったお客様からはもう選びきれない、、、と嬉しい悲鳴も聞こえてきています。遠方でどうしてもお越しになれないお客様の為に、極力水中写真に切り替えを、、、と急いでいるもののこれだけの数、なかなか追いつかず申し訳ありません。でももし、もしですよ?この大型連休中に暇があれば是非ご来店ください。写真では伝えきれない色彩、色気、迫力がビシビシ伝わってくるはずです。さあまた今から水中写真の撮影です。GWセールに順次掲載しますのでお見逃しなくー。










ワイルドディスカス撮影中に横のスパンを見ればこの迫力、ベトナムトラディショナルはやはり素晴らしい。



こんばんは、店長です。

いよいよ大型連休のGWを迎え、朝から西方面に大型水槽の設置に行ってきました。

なんとか無事に搬入設置も終えて、帰りは渋滞にはまり3時間のロングラン。

そんなロングランもベトナムで慣れてしまったのかイライラせずに帰社。

からの


本日からフライング気味のロングランセールがスタート致します。

期間は長いと安心は禁物!

ワイルドディスカスはその全てが1品個体。

迷っているうちに、、、sold outみたいなことにならないよう

GWセールにふさわしい特別価格をご用意しています。

是非ご覧ください!

個人的にはペア、クルムクリ、パラコニあたりがオススメかと。笑笑

こんばんは、店長です。

ワイルドディスカスシーズンも大詰めを迎え、

振り返る今シーズン。

売り場の水槽を眺めてみると、ウヨウヨといるわいるわ、、、各産地の個体。

今シーズン入荷した産地を数えると16産地から入荷があり、

年々記憶力がなくなってきたので産地名がもう覚えられない、、、。笑笑

話はさておき、今シーズンはもっぱら各産地からのソリッド個体がどうも当たり年だったような気がし、

マジマジと見ているとこのところの色上がりがホントにすばらしくなっています。

ソリッド個体はロイヤル個体と違いパターンが無い分

将来性の見方がホントに難しく思います。

ロイヤル個体はスーパークラスになると入荷時から改良ディスカスを優に超えるパターンが、

すでに出ているのでいわゆる完成された個体とも言えます。

なので誰が見ても、良い個体ははっきりと分かります。

が、しかし、、、

ソリッド個体はそうもいかず、特にアレンカーは

入荷時の地味さといったらホント笑っちゃうくらい、、、。

ただ、持った赤さの見方にも目利きがあります。

ここでベースカラーが大変重要になり、

明るいか、やや暗めのイエローベースカラーなのか、

それともピンク、またはパープルのベースカラーなのかが重要となり、

特にソリッドレッドは、ここがミソになります。

赤さを持った個体は分かりますが、

どのくらい赤く、また赤さは明るい赤なのか、

または炭のような赤なのかの見分けを入荷したら段階でほぼ判断します。

ソリッド個体は入荷後、落ち着きはじめる2から3週間後辺りから激変をはじめ、

水槽内のパワーバランスや、もちろんその個体のコンディションも重要となりますから、

一概に全ての個体が一斉に赤くなるわけでは無いです。

間違い無いのは強い個体から赤くなってはいきますが、、、笑笑

また、ワイルドディスカス特有の産地による赤さにも大きな違いがあり、

クリペアを代表する北岸はベースカラーがイエローベースであることが多く、

そんな個体はやはり明るい赤、

一方イナヌを代表する南岸の多くは、

北岸に比べてやや暗いイエローや、先程説明したピンク、パープルベースカラーの個体のその激変ぷりは凄まじい限りです。

素晴らしい炭赤となり、驚く個体となることが多いです。

ある意味その変化の幅はソリッド個体が一番では無いでしょうか。

ご紹介するのは2月に入荷したイナヌ、クリペア。

まさに入荷時から1ヶ月経ち、もはや入荷時の写真では判断できないくらいになっています。




やや暗めのイエローベースから今は炭赤の発色

ちょっと想像以上の赤さ、、、




ピンクベースからこちらも炭赤へと変貌中
尻ビレの色合いが物語っています。




ピンク、またはパープルベースカラーのお手本。
見事な変貌。

センターバーもいい味だしてます。




教科書のようなイナヌのレッド個体。
赤の出方も教科書通り。

じわじわと滲み出ていますね。

一方、北岸クリペアは、

入荷時の写真はありませんが、

上のイナヌと同じくらいの変貌ぶり




ベースカラーが明るい分南岸イナヌに比べると明るい赤ですね。

アレンカー以外にもパラコニ、マラカナ、イリピシ、サンライムンドなどまだまだ魅力的なソリッド個体が、ウヨウヨ。

また機会があればご紹介いたします。

にしても、

しばらくはソリッド個体は目が離せませんね、、、



こんばんわ、店長です。

昨日入荷しました今シーズン11便目のワイルドディスカス。

南岸アレンカーイナヌのおいしい個体ばかりの秀逸な入荷でした。

個体の写真アップは後日行いますがアメブロのほうに入荷個体の水中動画を掲載しておりますので

ぜひご覧ください。

こちらです

https://ameblo.jp/petballoon1/
こんばんは、店長です。

今朝方、現地から連絡が入り、いやいやビックリ。

久しぶりの事態に、、、

本日夜入荷予定のワイルドディスカス11便目。

まさかの延期となりました。



名誉挽回の再入荷日は

まさかの明日夜20時頃となります。

ペットバルーンEXへのアップは23時過ぎくらいになりそうです。

是非ご覧ください。
















こんばんは、店長です。

3月もあっという間に前半も終え、

来週からは子供の卒園式やら、春休みの家族サービスやら、

さらに入学&入園などなどなんかイベント事いっぱいです、、、。

さて、

今シーズンのワイルドディスカスの入荷はまだまだ続き、

来週3月11日 月曜夜にはまたまた新着入荷が、、、

昨シーズンは9便で終えましたから今シーズンは

なかなかたくさん入荷があったのかなと思います。

して、

入荷の内容は



今シーズンはまさに当たり年⁈

昨シーズンは入荷の無かった南岸アレンカーイナヌ。

今シーズンは質はとにかく素晴らしく、入荷数もここ5年では1番。

その独特の顔つき、フォーム、ベースカラー

また、発色した時のワイルドディスカスとは思えないあのインパクト。

ロイヤルにもソリッドにもその良さが存分に詰まった産地といえます。

南岸アレンカーファンの私としてはうれしい悲鳴です。

今回ももちろん選りすぐりの厳選個体が入荷致しますので

是非ご覧ください。
こんばんは、店長です。

3月も始まり、いよいよ今シーズンのワイルドディスカスシーズンも終わりを迎えようとしていますが、

今シーズンはとにかくシーズンが長く、まだ続きそうな予感。

しかしながら、8月からせっせとストックした個体も質、コンディション、量ともに最盛期を迎え、

ディスカスコーナーに入ればどんな産地、タイプもなんでも揃ってしまう凄さが今の時期にはあります。

上流域のテフェ、ジュルアロイヤルグリーン、

ネグロからはパウニニ、

中流域はリアルロイヤルブルースララを始め

ウラリア、カラパナ、ヤムンダ、マラカナ、マナカプル。

下流に下るとパラコニ、イリピシ、サンライムンド、

さらに

クルムクリ、アレンカークリペア&イナヌと

様々な産地、バリエーションをご覧いただけると思います。

まぁ言葉にしてもあれなんで、

こんな感じのウヨウヨした売り場です。

是非ご覧ください。











昨シーズン日本初入荷のラーゴクルムクリ、無事入荷しました。

あの初入荷時の感動再びと言える素晴らしいクオリティで大満足でした。

後々濃い赤を発色するであろうベースカラーにのるエメラルドカラー、目を見張るようなラウンドフォルムに美しく伸びるフィラメント,

そして18センチは当たり前の堂々たる体躯、この産地のディスカスの魅力は言葉では言い表せません。

今回は丁度パラコニの横のスペースに入り、ワイルドディスカスの最大級の青と赤が並ぶ様は迫力もの。


うちに馴染み発色するのは週明けぐらいか?

想像するだけでにやけてしまいます。









こんばんは、店長です。

昨日の改良品種ディスカス、ペナンセレクト便の興奮も覚める間も無く、

ディスカス入荷ウィーク第三弾はまたもや衝撃の入荷となりそうですよ。

昨シーズン話題をかっさらった

こちら、



南岸系らしく発育良く素晴らしいフォーム、青の下に潜んだ炭赤

これほど変化する産地は、このクルムクリしかないのではないかと言っても過言ではないくらいの

劇的な変化も魅力あります。

さらに

ヘッケルと、言えばネグロリアルヘッケル。

中でも名産地の一つ、パウニニからまたもや厳選されたスペシャルブルーフェイス軍団も続々と入荷予定です。

2月16日は青の祭典となるでしょう。

嬉しいことにいつもの夜着とは違い、昼頃には当店へ入荷予定です。

是非ご覧ください!

では
ロイヤルパターンと人気を二分するソリッドレッド、一括りにすればアマゾンレッドディスカスとうちでは言うのだけれど、その赤にもそれぞれの産地によって微妙な違いがある。

その赤の発色はベースカラーによって大きく変化するのは今更言うまでもないが、昨夜入荷した南岸の赤、それもイナヌに関しては特に微妙な差異が出てそれがマニア心を擽る様で、

この産地の赤でなくてはだめだと言い切るお客様もチラホラ、それほどまでに惹きつける魅力はやはり滲み出る様な深ーい赤、それも入荷時には真っ黒に見える様な個体が、その後あれよあれよという間に劇的に真っ赤に変貌する。

そんなだから入荷直後の状態を見たお客様の大半は、なんか地味だなー?とかこれのどこがいいの?なんて言われる事は当たり前、

でもその後2週間も空けて来店された時にはこんなのいたの?とかこんなの見ていない、とか言われる始末、やはりやや暗い目のピンクベース、パープルベースを持つイナヌはロイヤル、ソリッド共、その劇的な変貌が一番の魅力なのかも?









赤いワイルドディスカスと言えばアレンカー、とその集荷される町の名前が有名だが、その周辺で捕れるディスカスは強烈な赤を発色する個体が多い。

この15年程でこの辺りのワイルドディスカスも細かく採集地分けされ、それぞれの特徴がより詳しく分かる様になってきた。

アマゾン本流を境に北岸、南岸と大きく分かれたのが最初で、北岸は正にディスカスと言えるラウンドフォルムを持ち、ややイエローベースに明るい赤が乗る優しいイメージ、南岸はタンクブリードを思わせるハイボディ、ピンク、パープルベースに濃い赤が乗るシャープなイメージの個体が多く、それぞれの魅力を持つ。

その後北岸、南岸ともそれより西よりに漁場が開拓され、北はトロンベッタ、南はジュルチ辺りまでのラーゴやジンホ(水路)からも赤いワイルドディスカスが採集される様になった。

これらの特徴はどちらかと言えば南岸最盛期のディスカスを思わせる個体が多く、入荷時はやや暗めの体色故に華やかさは無いが、日が経つにつれ馴染めば馴染む程、体の奥からじわじわとまるでペンキの様な濃い赤を発色してくる。

今シーズン入荷のサンライムンドもその一つの産地で、入荷後あれよあれよという間に真っ赤に変貌し、これぞアマゾンレッドディスカスと納得の個体群だった。





気が付けばもう2月、ワイルドディスカスシーズンも終盤になってきました。

今シーズンは始まりが早く、終わりは案外早いかも?と思っていたのですが、何の何の?今月も9日にアレンカー南岸イナヌからの入荷も予定が入りまだまだ続きそう?

今のストック状態では最低あと3便は欲しい所、とは言っても自然の事、次のが今シーズン最後の便になるかも?

この様にワイルドディスカスの入荷は先が読めない不安が付きもの、それが面白い所なのでしょうがシーズンの終わりは未だしも、もう手に入らなくなる様な産地に関してはどうすることもできません.

ワイルドディスカスの様に産地によって表現の異なるコレクション性の高いものは、ある時に手に入れておかないとが大切なことですよね?

さて、ここ5~6年好調に入荷しているテフェ、ジュルアを代表するグリーンディスカスですが、今シーズンは正に粒ぞろい、スポットロイヤル、ラインロイヤルとグリーンの王道パターンは勿論、全身にエメラルドグリーンを発色する個体もチラホラ、グリーンディスカスファンには堪らないシーズンとなった様です。

特に今シーズンのジュルアのパターンは2003年以来、ジュルア川の中流から下流にかけて繋がるミネルアジンホ奥深くから採集される細かいスポットを全身に散りばめるパターンは溜息もの。このパターンも来シーズンに入荷するのか否か?

ワイルドディスカス故に誰にもわからない謎ですよね?

ジュルアスーパーロイヤルグリーン











テフェラーゴサンタクルズロイヤルグリーン












ぜひご覧ください!!


























こんばんは、店長です。

昨日は荒れが残った海へヒラスズキ釣りに。

爆風の中涙チョチョキレながら頑張った甲斐もあり、年明け2回目の釣行にてやっと釣果に恵まれて幸せです。

さて、先日アップしたこちらのブログからのお約束にて明日アマゾンレッドディスカスを

ようやくアップいたします。

アマゾンレッドディスカスの記事はこちら

新たなサンライムンドからの劇赤個体。

もちろんまだまだ上がる赤の発色はソリッドレッド、ブラックアーチの魅力が詰まった個体と言えるでしょう。

ご期待ください



こちらサンライムンドに加えすでにスタートしている決算セール。

決算セール特売品、各カテゴリー併せぜひご覧ください


もう15年以上前に、ベレンのシッパーから強烈な赤いディスカスが採れたけどいる?と聞かれ、

アレンカーの辺りの産地かな?と思い採集地を聞いたところ、聞いたことも無いサンライムンドと答えが返ってきた。

その当時はグーグルマップの様な便利なものがあるはずも無く、手持ちのアマゾンの地図を開けて調べてみたが分からずじまい、

まあそんなに赤いのなら全部送ってちょうだいとなった。

入荷日となり開封すれば出るわ出るわ炭火の様に真っ赤なディスカスばかり、改めてアマゾンレッドディスカスの奥深さを思い知った。

レッドディスカス=アレンカーと思われがちだが、近年のパラコニ、マモリなどの様に、それこそあの広大なアマゾン水系にはまだまだ真紅のディスカスがいる。

今シーズン初入荷としたラーゴイリピシもその一つ、トロンベッタ川の下流域オリキシミーナという町の横に位置する巨大な湖でロイヤル、ソリッドレッドが混生する素晴らしい環境を持つ。

久しぶりにグーグルマップで位置確認してみると、なんとそのラーゴの下にSANRAIMUNNDOがあった。そうかそういうことね?

今になってやっとわかりましたよサンライムンドの謎が???










今シーズン入荷のサンライムンド。

サウス店バックヤードでストック中です。

近日入荷後未掲載個体としてワイルドディスカス専門店ペットバルーンEXにアップ予定です。

アップするころにはもっと赤くなっているはず・・・・・。
入荷3日後のパラコニ、徐々に環境にも慣れ赤虫をパクつく様になってきました。

その食欲の向上と共に元来の赤がより強く発色し、ご来店いただいたお客様から溜息が漏れています。

その表現は、他のどの産地のレッドディスカスとも異なりリアルレッドと呼ぶに相応しい真紅のチリレッド、

特に今シーズンのパラコニはサイズ、フォルム、カラーとも日本初入荷時のロットと肩を並べるクオリティ、これからの変貌が楽しみな納得の便でした。













こんばんは、店長です。

怒涛のディスカス大量入荷ウィークも本日で一息つき、

ようやくゆっくりと入荷した個体を眺めることが出来るようになりました。

昨夜は、驚愕のパラコニ軍団、さらにジュルアロイヤルの再来と

非常に恵まれた入荷を終え、寝る間なく

本日はペナン便が昼前には到着、そのままHPに自らアップといった感じ。

ペナン便は後日ご紹介するとして、話は戻り

昨夜のパラコニ軍団ですが、はっきり言ってここ数年でも1.2を争うスペシャル個体揃いとなりました。

まさにパラコニレッドと名付けたくなる独特の赤。

特にスペシャル個体は他産地のレッドディスカスとは全く趣きが異なり、

いわゆる売り文句の滲み出る赤とは違い、

体表にチリパウダーをふんだんに塗したような

初めから出たチリレッドのような赤は、どの産地とも全く違います。

上手く表現できませんが、簡単に言うと劇的に赤いソリッドレッド個体となります。

その赤みは入荷時すでに赤いチリパウダーレッド個体と

ピンク時で地味に見えて後から化けてくる滲み出る赤の個体の双方がいてどう変化して行くかの想像は

ソリッド個体の魅力、面白みがふんだんに詰まっているかと。

また、サイズに関しても成長が早くサイズの割に目が小さくまだまだ持っているポテンシャルは

半年から1年後に発揮されるか⁈みたいなこれからが楽しみな個体。

1週間後、1か月後とかはかなりヤバくなっているでしょう。笑笑