三角野郎のつぶやき

555

7月に入りいよいよ夏本番、この週末は海開きでどこも混雑していることでしょう。

毎年この時期になると、ブラジル、マナウスのシッパーから何らかの連絡が入る。

もうかれこれ20年程の付き合いになる彼は、古くからの友人の様な存在だ。

内容はと言うと、そろそろテフェの水が引き始めているよ、うちらも漁師を揃える段取りがあるから大変なんだよ~。

それにあたって今シーズンスタート前だけれどUS$????ほど助けてくれない?と毎度同じ内容を毎年シーズン前に繰り返してきている。

こっちももう慣れたものでそろそろ言ってくる頃だよなー?と思っていたらドンピシャでくるものだから、思わず笑ってしまう。

そんな関係が20年近く続いているのだからお互いの信頼は厚いはず???

と、どうしてうちがここまで大切にしているかと言うと、彼を抜きにしてテフェは無し。と言い切れるほどテフェに精通しているからだ。

過去のテフェからの銘魚、そして圧倒的な量は他のシッパーではあり得ない。

さて、今シーズンはどれ程のテフェを揃えてくれるのか?

今から楽しみだ。

こんばんはーー

思いの外、強烈な菌に侵され、なかなか風邪が治りません。

ここ1週間薬漬けです!

見た目元気ですが、節々が超痛い、見た目20歳?

齢37歳の店長でございます。笑


さて、

ワイルドディスカスコーナーでは、本日より期間限定にて

スーパーが付くほどのクリアランスセールが、スタートしています!


マジ、この価格大丈夫っすか?みたいなセール個体が

クリアランスセール期間は、さらに

2匹お買い上げにて合計額より20%オフ、さらに3匹お買い上げですと30%オフの大奉仕!

ちなみにセール該当品は既に割引済みの個体ですから、

そこから20~30%オフですとエライことになっちゃいます~

マジヤバくね。笑

百聞は一見に如かずなんで、


なかなかの上物個体目白押しですぜ!

うちのワイルドディスカスプロショップでも、よく写真を使わせて頂いている京都の愛好家H氏、珍しく土曜日にいらっしゃいました。

聞けば土曜なら鮎釣りには行ってないでしょ?って言われてしまいました。

その通り、よーくおわかりでございます。
さて、そのH氏には随分と助けられています。

と言うのも、シーズン中は数えきれないほどの銘魚が入荷してきますが、入荷当日から良い魚からドンドン売れていってしまいます。

そんな子達がどの様に変貌していくのか見届けたいのですが、なかなかそういう訳にはいきません。

近所であれば行けば何とかなるけれども、せいぜい写真を持ってきてもらうのが精一杯、ましてその中で綺麗に写真が写せるとなれば数人となってしまいます。

そしてそのディスカスが1年、2年と成熟して完成するまで飼育できる技術を持った方となると、私の知る限りではH氏とあと一人か?というほど貴重な存在なのです。

今日も今シーズンお買い上げ頂いた子達の写真を持ってきて頂きました。

この子達の一年後を見るのが今から楽しみです。


ラーゴイナヌスーパーロイヤル
これからより赤くなりメリハリが出てくる。今でも十分ですけどね?

アッパーテフェロイヤルグリーン
テフェロイヤルの代名詞、美しいスポットラインが全身に走る。

アッパーテフェロイヤルグリーン
まだ幼さが残る若魚、仕上がれば強烈。

テフェ、テフェ、テフェ
こんばんわーーー

本日緊急入荷!! 国産ブルー&レッドディスカスの極上品種 京の匠シリーズ

無事に入荷してきましたよー!!

本日は私めが匠のもとへ極上個体をセレクトして参りましたが、

いつもながら本当に唸るような個体が目白押しです!!

やはり、匠と言えばこちら セルーリアプレミアム l 生後12-15ヶ月のヤングアダルト個体

さらにこちらの個体は巨匠が親候補としてこれまで大切にストックしていた個体ですので、

これまでのセルーリアよりも、より極上の個体となります。

さらに、さらに今後このサイズでの販売は10ヶ月程はないようですので、この機会をお見逃しなく!!










いや、まじで青さが半端ないです。素晴らしいフォームはもちろん、


オスの伸縮した背びれ、メスのブラックアーチがなんといってもトラディショナルさを物語っています。


しかもこのサイズにして生後12-15ヶ月ですからこれからの成長と、ブリーディングには


もってこいではないでしょうか??


ブリリアント、コバルトにはないセルーリアならではの独特な青みと素晴らしい艶感は


本当に見とれてしまいます・・・・・。



他にも


当店に今シーズン入荷したワイルド トロンベタスロイヤル×クリペアロイヤルF1の


6CM前後個体や


驚きの赤さを持った親より生まれた ワイルドクロススーパーレッドの6CM前後個体も


同時に入荷済みです。


こちらは近日改めてブログでもご紹介いたします。


本日入荷しました個体の一覧はこちらをご覧ください



6月半ば以降は梅雨真っ只中、蒸し暑い不快な季節です。

しかし、そんな鬱陶しさが吹き飛ぶようなタンクブリードディスカスの大量入荷で売り場がパッと華やかになりました。

ワイルドディスカスは?というとその影に隠れてしまっている様ですが、なんのなんの、このところメッキリと色付いた子達が目立ってきています。
と言うのは環境に馴染んだのは勿論、今まで強い子に圧されて発色出来なかった子達が、その強い子が抜けたことで本来の色を出し始めたのです。

パターン、フォームも抜群、入荷時に売れなければおかしいクオリティであっても、やはりいじめられて隅に追い詰められていたのでは目立ち様がないですからね?

今日はそんな中でも目立った個体を紹介します。

60515001 アレンカーラーゴイナヌ スーパーロイヤル(ALENQUER LAGO INANU SUPER ROYAL)
商品ページはこちら

60116009 トロンベタス スーパーロイヤル (TROMBETAS SUPER ROYAL.)
商品ページはこちら
6月も2週目に入り梅雨本番、これから1か月余りはジメジメしたうっとおしい天気が続きます。

期待していた今年の九州の鮎の解禁ですが、地震の影響なのか?天候なのか?天然遡上の発育不足?放流魚の発育不足?等々、多くの問題が重なり、過去最低の幕開けとなりました。

釣れないからポイント移動で歩く、それを繰り返し、去年ダメージを受けた膝がパンパンに腫れ上がってしまいました。

毎度の整形外科で、いい加減にしなさいよ、と先生に呆れられながら膝の水を抜かれ、翌日には痛みもましになって一安心、これならまた溜まれば抜いたらいけるやん?ってまた懲りずに次の釣行を考えています。

さて、昨日でセールも終わり、今日は売場の整理に大忙しです。

バックヤードでストックしていたワイルドディスカスを表に出します。

普段は室内灯のみで見ているので表に出せばその色変わりにびっくり、環境に馴染めばここまで色上がりしてくるものなんですね?


空いたタンクに水合わせして入れていく。

美しく仕上がったトロンべタスレッド
UATUMA

現地で聞けばワトゥマ、ともワトゥマンとも聞こえるブラックウオーターを滔滔と湛える大河である。


■ ワトゥマの流れ


上流に巨大なバルビーナダムが造られた為、人為的にヘッケルとブルーが混生してしまった面白いエリアだ。


■ ワトゥマ、バルビーナ辺りの標識


■ ワトゥマ近辺の町 サンミゲール


■ サンミゲール街並み


昔から上質なブルーフェイスヘッケルとロイヤルブルーでは定評があったが、2013年に、新たなエリア、ラーゴタンバッキーからのロイヤルブルー、真っ赤に染まるソリッドの入荷でまたまた人気の産地へと返り咲いた。

そんな限られたラーゴを除けば、俗に言うヘッケルクロスと呼ぶ個体も採集されるが、ウラリアチャンネルで捕れるそれとはまったく表現が異なり、センターバーもより強く、メリハリのある言えばドギツク発色する個体が多い。

そして面白い事に、13センチ辺りが平均の小粒な個体ばかりが入荷する。

ただそれ以上大きくならないのか?と言えばそうではなく、お客様の所では17センチ以上に生育していて、なんでそのサイズが多いのかは今もって謎のままである。

■ ワトゥマのロイヤルブルー

商品ページはこちら



商品ページはこちら



商品ページはこちら

商品ページはこちら
ご好評頂いております、EX ワイルドディスカスポイント10倍、ダブル割引セール。
期間中セール商品となったワイルドディスカスを2匹お買い上げで20%OFF、3匹で何と30%OFF、おまけにポイント10倍という強烈なセールですが、今月いっぱいで終了致します。

この週末がラストチャンスか?

本日も魅力たっぷりのワイルドディスカスを追加しています。
勿論店頭でもお買い上げになれますよ。
まずはEX、チェックしてください。


↑商品販売ページは画像をクリック下さい。

↑商品販売ページは画像をクリック下さい。

↑商品販売ページは画像をクリック下さい。
その他のセール商品はこちら



さて、来週でもう6月、ジメジメした梅雨時期ですが、それを越せば夏本番ですね?

今年も猛暑の予報が出ています。

ワイルドディスカス飼育においての一番の問題は夏の水温対策です。
アマゾンに生息するワイルドディスカスは、思った以上に低い水温を好みます。
一部の水通しの悪いラーゴを除けば平均28℃前後、乾季に向け水位が下降し、水温が上昇すれば、その分水深のある場所へと適温の所へと移動するのです。

ところがタンクで飼育されているディスカスは逃げ場がありません。
夏の間30℃以上の高水温に耐えるしかありません。
それにその水温、気温では水の痛みも激しくなり劣悪な環境になっているのです。

この厳しい夏を何とか乗り越えたとしても、秋口あたりには何か問題が出てくるのです。
大抵の場合痩せが入り、食欲が減退してきます。
水温が原因でそうなった個体はなかなか元には戻りません。
大型の個体になれば、浮袋の疾患なのか?頭を下げた状態になりいずれは衰弱死してしまいます。
これほどまでに高水温は害を及ぼすのです。


大切なワイルドディスカスです。
早めの水温対策をしてあげましょう。
私達がエアコンを使用するのと同じく、水槽用のクーラーを設置してあげて安全に夏を乗り越えましょう。
飼育管理の難しさは熱帯魚ではNO1と言われているアルタムエンゼル、それでも人気抜群、夏にシーズンインして毎年2000匹余りが入荷する。

飼育のコツはピートの上手な使い方と他からの菌を入れない事。

これさえ出来れば後はすくすく、環境に馴染めば丈夫な魚なんだなと思って貰える筈です。

このアルタムエンゼルの魅力は、見事なハイフォーム、上下に伸長する美しい鰭、頭部に表れるレッドスポット、この様な他のエンゼルには無い優雅さでしょう。

そして2歳以上のアダルトサイズになれば60センチの水深のタンクであっても浅く思える程の体高(30センチ程)になり迫力満点、、その姿にあこがれるファンが多いのも頷けます。

最近ではコロンビアのこのオリジナルアルタムの他、ブラジル側で採集されるサンタイザベル産のレッドトップと呼ばれる、頭部から肩にかけて赤く染まるタイプも人気がありますが、こちらもアルタム同様、リアルブラックウオーターに生息する為、入荷時の注意は怠れません。

ただ、この種も仕上がったときの素晴らしさはアルタムと肩を並べる美しさです。

この2種こそが、エンゼルの双璧ですね。



ここに紹介するのは大阪府泉北在住のI氏の飼育するアルタム&サンタイザベル


アルタムは一昨年の9月に500円玉サイズで購入頂いた2歳の個体群、


サンタイザベルは昨年の9月に購入頂いた1歳の個体群、


左下に写るインペリアルゼブラプレコの大きさが9センチ程、アルタムの大きさが想像できますか?


見事の一言




ここ最近この様に産卵した後を発見、余程環境が整っているのであろう。I氏の飼育技術の高さが伺い知れる。

この中であれば何が組んでくれても良い。また楽しみが増えた。

毎年数えきれない程のワイルドディスカスを扱うが、その中でも自分がコレクションしてみたい様なお気に入りの個体がある。

まるでその産地の教科書の様なフルロイヤル、スーパーソリッドなんかは、入荷日から1週間程で愛好家の元に行ってしまい、その後の変貌具合は余程の事が無い限りお目にか かる事はないが、それこそタンクブリードディスカスか?と見間違うような銘魚になっている事だろう。

それら1番煎じを抜かれた後でも、肩を並べる 様な銘魚がワンサカいるのは、そのエリアのトップクラスを全部輸入するうちの強み、そして同じ表現をするものが少ないワイルドディスカスの入荷後 の変貌具合の面白さ、あれっ?こんな子いた?なんて常連さん達から聞かれることもしばしば、入荷後1ヶ月もすれば、環境にも適応して徐々に色上がりしてくるものなのです。

毎日の管理の中でお気に入りの個体の変貌ぶりをチェックするのも楽しいものです。

お気に入りの一つ
1月入荷のアノリラーゴカマラーオスーパーロイヤル
この力強さが何とも言えない。

商品ページはこちら
こんにちわ~

緊急開催!!

ワイルドディスカス専門サイト ディスカスEX 本日より31日までの期間

ま、まさかのポイント10倍セール開催!!



さらに通常価格より割引済みのセール品につきましては

とんでもない企画!!

セール商品の個体を2匹お買い上げにて20%OFF

さらに3匹お買い上げですと30%OFFの凄まじい割引率!!




是非ご覧くださいませ!!
ワイルドディスカスの面白さは?と聞かれれば、その飼育過程で驚くほど美しく変貌するところだろう。

うちに入荷するワイルドディスカスは、成魚サイズであっても2~3歳、タンクブリードディスカスであれば、もう十分に成熟したアダルトなんだけれど、ワイルドディスカスではまだ若造、4歳にならなければ成魚の貫禄は出ない。

タンクでの飼育下では私の知る限り最高齢は10歳なんて個体もいましたから、うちで買われた1年未満の仔魚は勿論、成魚サイズであってもまだ未完成なのです。

3歳ぐらいまで大きく成長し、その辺りからじわじわと成魚が見せるあの輝く様な発色を始めるのです。

入荷時にフルロイヤルで完成したものに見えてもそれ以上に美しくなります。

飼育している子達が思った様に、いや、思った以上に美しく変貌させれた時の満足感がワイルドディスカス飼育の醍醐味だと思います。

テフェ ロイヤルグリーン

入荷直後

一年後

入荷直後

一年後
写真提供 京都愛好家H氏

こんばんは。

豪雨の堺市です、表の商品が飛んで行きそうになりました。

明日まではヤバスな感じですね。

さて、改良品種ディスカスは今年、ワイルドクロスに力を入れていますが、

コンディション抜群のクリペアF1



JWセルーリアαテフェも抜群のコンディションになってきました。

セルーリアの青味に加え、ワイルドグリーンの

美しいパウダーグリーンを加えたなんとも言えない上品な色上がり

個体によってはワイルドらしいベースのイエローカラーを持っています。

純セルーリアとはひと味もふた味違う個体群。

ブリーディングするなら更に純度を高める意味ではラインロイヤルタイプのグリーンとのクロス。

4分の3テフェって感じで相性も良いでしょうね。

スポットタイプとのクロスなんて想像しただけでワクワクしてしまいます。

ブルーベースにレッドスポットとか見てみたい‥‥‥‥



そして、来月あたりにはこちらのF1が
{1DC30600-F1AD-4836-9C13-11713F06278A}


トロンベタス×クリペアF1
乞うご期待ください
気がつけば5月ももう半ば、日中の日差しも強くなってきました。
後2週間もすれば待ちわびた鮎釣りの解禁になります。
和歌山あたりでは5月から早期解禁している河川もありますが、
やはり鮎釣りと言えば夏の風物詩、じりじりと照り付ける夏の太陽の下でやりたいもの、
まして5月の冷たい水温では腰にきてしまいます。
行きたい気持ちをグッとこらえて6月の解禁を待ちます。
とは言っても本番は梅雨明けからですけれどね?

さて、この時期のうちのストック状況ですが、今期最終便だったパラコニも、
元々環境適応性の強い種類なのでコンディション抜群、
餌のハンバーグなんて下に落ちる間もなくあっと言う間に食べ尽してしまいます。
入荷後40日経った今はより深い発色をして発情する個体もちらほら、
こんなの同士が?と考えると思わずにやけてしまいます。


こんばんは!

連休も明けいかがお過ごしでしょうか?

只今、

せっせと水換え、写真撮影を行っていますよ~

さて、

京の匠シリーズのほうですが、グングン成長&色上がりしており、入荷時の面影が、もはやなくなってきたので、

本日は新たにクリペアF1の水中写真を撮影いたしました。

詳しくはこちら

成長度合いも良く大変美しくなってきています。



益々ワイルドらしくなってきましたね。

やっぱり両親が良いからかな?

ソリッドタイプ、ロイヤルタイプとおりますので是非ご覧くださいね。

次世代への遺伝で面白いのがオスはクリペアのロイヤルタイプ、メスはソリッドなのですが

F1は見事に半々で出現したようです。

さらなる完成度を上げるにはF2、F3あたりからが楽しみです!

フルロイヤルのバキバキのメスとか、鬼赤のオスとか期待しちゃいます。

これからグングン変化する楽しみなサイズになりますね~

只今、絶賛セール価格にて販売中です。笑
本日でGWも終わりを迎えておりますが、いかがお過ごしでしょうか。
連休中はご多忙な中、沢山のお客様にご来店いただき誠にありがとうございます。
さて、ディスカスコーナーでは、ワイルドディスカスシーズン終え、社長によるスーパークリアランスセールが継続しております。
今シーズンは入荷便数、個体数ともに2,3年の中では豊漁なシーズンとなりましたのでこの季節に、S級ともいえる個体がまだまだたくさんいます。
例年では考えられないこと&この質でこの価格??みたいな感じですので是非この機会に極上個体をGETしてください。

さて、当店では年間優に3000匹を超すワイルドディスカスを輸入しているのですが、その中でも優れた血統を持った個体は数多くいます。
世界中を探してもこれほど素晴らしい個体をもっているのはここ、日本ではないでしょうかねーーーーー?
その素晴らしい血を次世代の残すべく、当店では社長&京の匠のお眼鏡にかなった素晴らしい個体群をブリーディングに使ってもらっています。
昨シーズンの個体では十二分に結果が出ているので、今シーズンもお渡した個体でも皆様に満足いただけるワイルドクロス個体が多数生み出されることでしょう??




こちらは昨シーズン入荷分のクリペアのスーパーロイヤルです。
既にF1は当店で販売しております。
クリペアF1



そしてこちらも既に販売中
先ほどのクリペアロイヤル♂
純ドイツロート♀




続きまして只今、絶賛育成中のこちら



手前個体は当店入荷のラーゴグランデロイヤル
奥のメス個体がクリペアF1となります。うっすら映っていますがすでに体着済み。
こちらも今後楽しみです。赤の純度が凄まじい個体となる事でしょう。
北岸と南岸の融合
made inジャパン恐るべし!!



こちらも右個体は当店入荷のトロンベタスロイヤル ♂
♀個体はクリペアF1となります。こちらも只今体着中です。
唸ります・・・・・。
もはや化けるといってもよいくらいの凄まじい発色を見せるトロンベタスとのクロスは想像しただけでヤバいですよー!!


昨日入荷した個体も
♂テフェロイヤルグリーン×ジャックワットレーセルーリア
♀ジャックワットレーセルーリア






この個体に再度テフェロイヤルグリーンをクロスさせてみたい・・・・・。
今後もワイルドクロスをガンガン作っていただきます!!

今シーズン最後の入荷となったパラコニ、今日で入荷後ちょうど1か月がたち、
ベストコンディションに仕上がってきました。
リアルイエローのベースに浮かび上がる様に発色する赤は、他の産地のレッドディスカスとは全くの別物、
この上品な発色具合はワイルドディスカスコレクターの心を擽りますよね?

その昔ウラリアチャンネル入口あたりに差し込む河川で採集されていた
何とも言えないヌルット感がたまらないソリッドイエロー、
センターバー持ちも多く、中には真っ赤に色変わりする個体もいて人気がありました。
入荷後の水合わせ中にクオリティの高い個体程、バーチカルラインが消えていき、
センターバーを持つものもそれが反転して白く見えたものです。
インボイスネームではノーバオリンダ、マデラなどになっていました。

ところが、 捕り尽されたか否かはわかりませんが、もう10年以上その昔の様な個体の入荷は無くなっていたのです。
ああっもう見る事は無いんやろなー?と諦めていたところに、この新産地のパラコニが入荷してきたのです。
それはもう嬉しかったですねー、自分が一番欲しがっていたあのソリッドよりも美しいイエローベースを持ち、
肌理も細かくヌルット感も十分、しかもより大型になるとくればもう文句なし。

正に究極のソリッドディスカスですね。

明日から始まるゴールデンウイーク、最大で10連休なんてところもあるようですね?
うちの様に世間がお休みの時に忙しくなるものには想像もつきませんが、
皆さまどうお過ごしになるのでしょうか?

さてそのゴールデンウイーク中ですが、ワイルドディスカス、タンクブリードディスカスともセールを行います。
特にワイルドディスカスに関しては、20周年記念セールの後で定価を下げたばかり、
今回はそこから更に20%~のプライスダウンとなります。
そしてセールコーナーの生体に関しては、2匹お買い上げ頂くと更に20%のプライスダウンになります。
今日も新しく個体アップしています。チェックしてくださいねー。

さて3月末のパラコニの入荷でワイルドディスカスシーズンも終わりました。
実際は今オーダーしても色々手には入るのですが、
既にシッパーの所でストックされているのを入れても仕方ないですからね、
やはり捕れたてほやほやの初物でないとうちの目の肥えたお客様には満足して頂けません。

このシーズンも3000匹あまりの入荷があったのですから十分満足して頂けた事にしておきましょう。
今のストックされている子達の状態は、うちの環境にも慣れ、食欲旺盛、発色状態抜群のコンディションです。
こうなってくるとあちこちで発情が始まり、ペアリングする子達が目立ってきます。
知らない間に産卵していた、なんてこともあるんです。
ワイルドディスカスでブリーディングを狙っている方には最高の時期ですよ。
好みのオス、メスのペアが選び放題、長ーいGW,この機会に是非ご来店ください。

コンディション抜群!! トロンベタス
見事なフルラインのロイヤルブルーの産地として有名なトロンべタス(トロンべッタとも呼ぶ)、その流程はあのヤムンダも比較にならない程の広大さを持ち、その支流やラーゴは、まだ手付かずの状態で残っている。

この産地のディスカスは主にベレンに集荷されていて、その流程に関係するラーゴで 採集されたものは、西岸と呼ばれる個体群として紹介されている。

これ程の流程を持つ大河川、その下流域のエリアにはそれこそ数えきれない程のラー ゴやジンホなる水路があるはずで、今の所その辺りだけの漁でそこそこの数とクオリティが揃ってしまうんだろう。

それこそ釣りと同じで、やはり前回釣れた場所で漁をおこなっているはずだ。

そうなると、回数を重ねるごとに数とクオリティは落ちる。

そこにサイズダウンしてくれば、もうお終い。

次の宝のあり場所に目を向けなければならない。

下流域が駄目になれば自ずと上へ上へと上がっていく事になる。

これは以前ヤムンダでも起こった現実で、規模は違えどいずれは確実にそうなっていってしまうと思う。

仮にそうなれば、ここの上流域にもこんな新しいタイプのヘッケルが居ってんなー?と言う事になるかも?

いずれにせよこのエリア、目が離せません。


フルラインロイヤルは当たり前?

↑商品販売ページは画像をクリック

ヤムンダ同様にレッドディスカスも生息する。

↑商品販売ページは画像をクリック

TROMBETAS [ トロンベタス ] はこちら
TROMBETAS [ トロンベタス ] セール商品はこちら

20周年記念セール最後の週末、日に2度の生体即売会大いに盛り上がりました。
多くのお客様にはご来店頂き誠に有難うございました。

そこで、明日までの予定だったワイルドディスカスセールですが、
20日水曜まで延長致します。
まだまだ多くの銘魚がストックされています。
EXをよーくチェックしてくださいね。

さてそのワイルドディスカスですが、水中写真への切り替えが随分と遅れてます。
言い訳にはなりますが、かなりのストックで、
どのタンクでも前に出てきている強い個体しか撮れない状態が続いていました。
このセールが終わったここにきてようやくボチボチと切り替えが出来る状態になってきました。
水中写真をお待ちの皆様、今暫くお待ちください。

4月17日生体即売会の写真です。